家庭教師

家庭教師で生徒と雑談はしても大丈夫?家庭教師で先生と生徒が雑談をすることについて

    

・家庭教師で生徒と雑談することについて
これから家庭教師のバイトをしようと考えている人に向けてのアドバイスになりますが、先に結論からいうと生徒と雑談をしても大丈夫です。家庭教師のバイトというと勉強以外のアドバイスはしてはいけないというイメージを持つ人が多いですが、雑談については普通にしても大丈夫ですし、むしろその方が生徒と親しみやすくなるので、結果的に勉強の効率も上がることになります。

たまに勉強中だからとほとんど雑談をしない先生がいます。一見すると勉強も頑張っているように見えますし、効率も上がっているように見えます。しかし勉強のみの話だとだんだんモチベーションも下がってしまいますし、生徒と良好な関係を築くことも難しくなってしまいます。従って適度な雑談をすることは大切だといえます。

・雑談の頻度はどのくらいがいいか
雑談の頻度についてですが、これは先生にとって一番に悩むところです。頻度が多すぎても勉強がおろそかになってしまいますし、逆に少なすぎても勉強に対するモチベーションを保つことが難しくなってしまいます。そのため雑談の頻度については多すぎず、少なすぎずといったところが一番にベストです。

具体的にどのくらいの頻度で雑談をするかというのは人それぞれですが、始まりと終わり、勉強のペースが下がってきたときなどに雑談を挟むのが理想的です。

・雑談の内容はどのようなものがいいか
雑談といえばあらかじめテーマが決まっていないことが多いですが、多くの先生は勉強に関する雑談をすることが多いです。
勉強に関する雑談でも生徒の興味のあるものであれば続きますが、基本的に勉強の雑談は生徒が興味を示さないものです。そこで勉強に関する雑談もいいですが、日常的な雑談も少し挟んでみるといいのではないでしょうか。

勉強中なのに日常的な雑談をするのは勉強の妨げになると考える先生も多いですが、むしろ勉強中こそ日常的な雑談を挟むことで、モチベーションアップに繋がります。